日本で唯一の経営コンサルタントの国家資格を持つ中小企業診断士の集団です

我が国に於ける起業の特徴 ~国際比較から~

2016-12-20

三多摩支部国際部
君塚吉是

 

アベノミクスの成長戦略に掲げられている「日本産業再興プラン」に「中小企業・小規模事業者の革新」という項目がある。具体的には、我が国経済に於ける中小企業の重要性を鑑み、中小企業政策の強化を図るというものであるが、その中でも、中小企業・ベンチャーの起業促進は重要目標の一つに位置付けられている。政府はこれまでも、様々な起業支援策を講じてきており、我々中小企業診断士も当該方針に沿って、起業支援をおこなってきていることは周知のとおりである。しかしながら、他国と比較すると我が国の起業活動の水準は最も低いレベルに留まったままになっている。そこで、起業に与える様々な要因を、海外の状況と比較しながら考察してみたい。

以下では、GEM(Global Entrepreneurship Monitor)(1)のデータを用いて考察を進める。GEMは、①国ごとに起業活動に違いがあるか、②経済活動と起業活動に関連性はあるか、③企業活動に違いを生み出す要因とは何か、を明らかにすることを目的に開始され、現在も継続されている国際的なサーベイである。当該サーベイでは、TEA(Total Early-stage Entrepreneurial Activity)と呼ばれる指標を用いて起業活動の水準を示している。これは、成人人口100人当たりの「具体的に起業準備をしている人」+「起業後3半年未満の人」の割合を表している。2013年に於ける、我が国のTEAは3.4%と、米国の12.7%、英国の7.1%と比較して極めて低い状況で、GEM参加主要国の中では、下から2番目に甘んじている。また「将来の起業計画の有無」に於いても、ロシア、ノルウェーに続き下から3番目と同様の傾向が示されている。(2)

それでは、何故我が国に於いてTEAは他国に比較して低いのであろうか。GEMではTEAに影響を及ぼす其々の国の特徴を、「起業態度指数」として示している。具体的には、①企業活動浸透指数(過去2年以内に起業した人を個人的に知っている)、②事業機会認識指数(今後6か月以内に、自分の住む地域に企業に有利な機会が訪れると思う)、③知識・能力・経験指数(起業に必要な知識・能力・経験がある)、④失敗脅威指数(失敗することが怖くて、起業を躊躇している)、を構成要素として調査を行っている。残念ながら我が国は、上記4項目の何れに於いても低い傾向を示しており、起業態度指数の低さがTEAの低さに起因していることが示唆される。つまり、我が国では、多くの国民が「ビジネスチャンスを見つけることが苦手で」「もし見つけたとしても、起業し経営する能力がない」「企業家と接したことがなく」「自らも起業する予定がない」との起業活動貧困国と言わざるを得ない状況にある。(3)

また、起業活動に対する社会的評価にも興味をそそられるデータがある。先ず、上記GEM調査の「①過去2年以内に起業した人を個人的に知っている」と、「③起業に必要な知識・能力・経験がある」のいずれに対しても「いいえ」と答えた回答者を「起業無縁層」と定義する。次に、当該層の起業活動に対する評価を分析すると、我が国に於けるそれは、他国に比較して低いことが示されている。つまり、起業した人が、「高い地位」「尊敬」と言った前向きな評価を得られることは稀である。むしろ、新規起業した会社の社長が売り込みを図っている会社の担当者が、起業無縁層であった場合、「何故サラリーマンをやめたのか?」「怪しい企業ではないか?」と疑いを持った目で対応されるといったことが往々にして起こり得る。何故なら、我が国の国民のマジョリティー(約70%)は起業無縁層に属するからである。(4)

以上のように、起業活動は、それぞれの国民性に大きく影響を受けることが分かる。したがって、我が国に於ける起業活動を、「創業塾」「創業セミナー」「創業相談」と言った短期的な施策だけで、一挙に活性化させることは極めて困難であろう。しかしながら、地道な取り組みを継続させることができなければ、TEAの改善は絶望的な状況に陥る。我々中小企業診断士も持続的に「起業者支援」を行うことに加え、起業無縁者を代表とする社会全体に対して、起業活動の重要性を説いて回る役割が期待されているのではないだろうか。

 

(1) Global Entrepreneurship Monitor HP 参照, http://www.gemconsortium.org/

(2) 「平成25年度創業・起業支援事業(起業精神と成長ベンチャーに関する国際調査「起業家精神に関する調査」報告書」一般社団ベンチャーエンタープライズセンター、参照

(3) 磯辺剛彦「世界から見た日本のベンチャー活動:Global Entrepreneurship Monitor 2002」NII-Electronic Library Service、参照

(4) 高橋徳行、磯辺剛彦、本庄祐司、安田武彦、鈴木正明「RIETI Discussion Paper Series 13-J-015 起業活動に影響を与える要因の国際比較分析」独立行政法人経済産業研究所、参照

 

会員紹介

三多摩支部事務所

中小企業の経営者様や起業準備中の方へ、BusiNestで無料の窓口相談を実施中です。ご予約はこちらから。
(一社)東京都中小企業診断士協会
三多摩支部
〒207-8515
東京都東大和市桜が丘2-137-5
中小企業大学校東京校東大和寮3階
BusiNest432号室

Menu

経営者の方へ

画像
会員が執筆したコラム・論文を掲載しています
画像
会員の出版物を掲載しています
画像
経営に役立つリンクを掲載しています

ピックアップ

研究会紹介